実は好調?マツダ新型アクセラ、発売1ヶ月の受注が目標の3倍超に!

Ads by Google

20160714-axela

日経新聞によると、マツダ新型アクセラの発売1ヶ月の受注台数が約7,800台と月販目標の約3倍を超えたと伝えています。

株の概況ニュースの中でさらっとふれているという…本体でニュースリリースも出していないし…。

7月14日に一部改良して発売した主力車「アクセラ」の8月14日までの受注台数が約7800台と、月間販売目標の3倍を超えた。


マツダは、アクセラの月間販売計画台数を、2013年時点の3,000台から、今年の大幅改良時点での2,500台まで減らしています。

同日、横浜市の研究施設で開いた発表会に出席した小飼雅道社長は、月間の国内販売計画を2500台に設定し、ディーゼル車比率は約50%と見込んでいると明らかにした。

【マツダ アクセラ 改良新型】月間販売計画は2500台…1.5リットルディーゼル追加し2.0ガソリンは廃止 | レスポンス(Response.jp)


それでも、「目標」を超えることはいいこと。そして、今日発表された2016年7月の生産・販売状況を見ても、アクセラの国内販売は、前年同月比+75.9%の3,199台となるなど、スタート(だけ)はまずまずなようです。

<東証>マツダ2カ月ぶり高値 「アクセラ」受注、目標の3倍超  :日本経済新聞

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする