マツダは「RX-9」の開発に正式なゴーサインを出した?

Ads by Google

Mazda RX-VISION

ホリデーオート編集部の方が、マツダが開発中のロータリースポーツカーが役員会で正式に承認されたとの記事を書いています。

風向きが変わったのは、やはり昨年の東京モーターショー2015でコンセプトカー「RX-VISION」を公開した前後でしょうか。複数のサプライヤーに後輪駆動車用部品の見積もりを提出させるなど、正式開発の可否を決める資料作りにも積極的になっていきました。そして何より、モーターショーでの予想を上回る反響の大きさは、マツダの経営陣を勇気づけたのでしょう。これには反対派の役員たちもそれまでの意見を撤回せざるを得なくなったようです。そして先日、ついに正式開発が決議されたとのことです。

【スクープ!】夢を継ぐもの〜RX-9の開発が正式に承認されたらしいよ! – LAWRENCE – Motorcycle x Cars + α = Your Life.

この他の話は、ホリデーオートなどでこれまでにも目にしたことのある内容だったように思います。

他にオートックワンでも記事にしています。
マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!? 【オートックワン】

マツダブランド全体を代表する「フラッグシップ」として高額であることが納得できる作りや走りを実現した車になって欲しいところです。

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする