RX-VISIONのデザイン要素を量産車に展開

Ads by Google

2015年東京モーターショーに登場したRX-VISIONのデザインの一部は、量産車にも採用されているようです。

量産車に採用されたRX-VISIONのデザイン

Mazda-RX-Vision-front

フロントグリル

シグネチャーウィングとヘッドランプまわりのデザインが次期CX-5に採用されました。
mazda-cx-5-spy-10グリルも横基調からメッシュ風になっています。

フロントアンダースカート

新型アクセラのマツダスピード・フロントアンダースカートが、それらしい形と色遣いに見えます。
DSC_0078


今後のマツダデザインを先導するのが新型CX-9とRX-VISIONのはずなので、こうしてデザイン要素が、少しずつ新型にも取り入れられるのでしょう。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする