アクセラ22XDはより上級のキャラクターに進化

Ads by Google

axela-sky-d22

従来からアクセラに搭載されているSKY-D 2.2も今回の大幅改良に合わせて見直された結果は如何に?

どうしても注目は、SKY-D 1.5になってしまうようですが、SKY-D 2.2に初採用になった「ナチュラル・サウンド・スムーザー」や「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」の効果は?

走行状況全体で静かさが高まったが、アイドリング時のノック音は1.5D車よりもさらに耳障りがよくなっている。

マツダ・アクセラ・スポーツ15XD – 初試乗 | オートカー・デジタル – AUTOCAR DIGITAL

「耳障り」がよいと書いてしまっているところには目を瞑って…。

前述のノイズの低減は、1.5リッターのディーゼルよりも、2.2リッターの方が明確に感じた。改良前の仕様と乗り比べると明らかに差がある。

ドライバーが気付かない間に安全と快適を高める制御 【マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか】


静粛性が、アップした他にもオートカーの記事には、

従来車に比べると加速時のアップシフトが早まり、エンジン本体のドライバビリティの向上と回転数を抑えた変速制御との相乗効果が2.2D車の走りの車格感向上のポイント。

とも書かれています。

どれだけ静かになったのか、早くこの耳で確かめてみたいです!(笑)。

願わくば、マニュアルモードでのシフトアップにもっと自由度が欲しいところですが…改良後でも自由度は低いままなんだろうなぁ。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする