次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #6-HMIの改善

Ads by Google

あと4ヶ月もしない内に次期CX-5が登場するかもしれないので、また、妄想してみようと思います。

これまでの妄想
いくつかは、次期型をまたずに大幅改良で採用されていたり…別の車に採用されたりと、妄想が現実になっているように思えるのですが…。

次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #1-発売時期・安全装備
現行CX-5が発売された後に、アテンザやアクセラで搭載になった技術・装備があります。また、CX-5は魂動デザインをまとって初めて発売された車でもあるので、このあたりの動向も気になります。
次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #2-インテリア
インテリアデザインについて妄想してみます。マツダのデザインの根底には「魂動」と「靭」が流れているのですが、これが次期CX-5まで続いているのかという、大きな疑問と不安があります。ここは、楽観的に「魂動」と「靭」のDNAを受け継いだデザインになるだろうして...。
次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #3-エクステリア
ニューヨークより北京モーターショーの方が、飛び道具が多く出品されている印象です(笑)。その中に、「そこまでするか?!」とメルセデスに突っ込みを入れたくなるのが、「Mercedes-Benz Concept Coupe SUV」です。
次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #4-LEDヘッドライト
次期CX-5も魂動デザインを踏襲するようですが、デザインとテクノロジーのバランスを考えると、クルマの顔つきをきめるヘッドライトの「次の10年の技術」よりももっと近い将来に主流になりそうなLED化について妄想してみます。
次期マツダCX-5をいろいろ妄想してみる #5-クーペスタイル
BMWやベンツ、そしてポルシェまでもがSUVにクーペスタイルを採用または採用を予定しています。そんなに流行りなら、次期CX-5にもしクーペスタイルを採用したらどうなるだろう?と予想CGを作ってみました。

第7世代の入り口となる次期CX-5での改良

今のヘッズアプコクピットの弱点

bad_userinterfaceエアコンの操作部に温度や吹き出し口などの表示が残っています。ダイヤル式で回す感覚で調整できそうですが、最終的には確認が必要になりますが、文字が小さいです。

デミオやCX-3では、温度や吹き出し口などの表示がなく、こちらは、文字通り感覚での調整になってしまいます。なので、エアコンの表示は、すべてマツダコネクトのディスプレイに表示してしまい、ダイヤル付近には文字を書かないようにすれば良いのではないでしょうか。

要は、スバルっぽくするということなんです。

ミラーレスへの対応

コンセプトカーでは、たいてい「ミラーレス」です。マツダでの最新のコンセプトカーであるRX-VISIONも例外ではないです。

rx-vision-concept上の写真を見ても、コクピット内に特にミラーレスへの対応があるようには見えません。単に格好いいからミラーレスにしているだけかもしれません。技術ではなくデザインコンセプトなので…。

それはそうと、第7世代のモデルライフの中で、必ずミラーレスが普及してくるはずなので、仕込みをしておかなくてはならないでしょう。

BMW i8の動画です。視線移動が少なく、左右の視野を確認するにはルームミラー型いいのかなぁ?

ミラーレスに関しては、次期CX-5からというよりはその後のモデルチェンジで、採用でしょうかね。

ミラーレス車が市場に登場するのは「日欧の市場向けで2~3年以内の見通しだ。規定への対応が遅れている北米では、日欧よりもミラーレス車投入が遅れそうだ。自動車メーカーは当面の間、ミラーレスと従来のサイドミラーでグレードを分ける形になるだろう」。

人とくるまのテクノロジー展2016:サイドミラーなしのクルマが解禁、鏡がカメラに置き換わるとどうなる? (2/2) – MONOist(モノイスト)


【MAZDA】“ヘッズアップコクピット”という考え方 vol.1|Cockpit|Be a driver.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする