アメリカの燃費規制に対するマツダの対応

Ads by Google

Automotive Newsに今後厳しくなるアメリカの燃費規制に対するマツダの対応に関しての記事があります。

アメリカの燃費規制に対するマツダの動きを北米マツダ社長毛籠氏にインタービューしています。

Masahiro Moro, CEO of Mazda North American Operations, acknowledged that hitting the 2025 model year federal corporate average fuel economy regulations will be tough but said the company has a plan that is based on getting the most out of gasoline engines.

いろいろ書かれていることを箇条書きにします。

  • 2025年規制は、ガソリンエンジンをベースにする
  • 2021年のCAFE標準は大丈夫(2025年はレベルが高すぎて別問題)
  • 非電気自動車メーカーで、初めてマツダが2016CAFE標準を100%達成した
  • 2017年に初公開されるSKYACTIV-2は、2021年標準を満たす主な原動力になる
  • アメリカへのディーゼルエンジン提供について近く決定する
  • Mazda3 HYBRIDをアメリカに提供する予定はない
  • 2025年規制のゴールである23.2km/Lを達成するには、電動化を採用する


ただ、最後に…ゼロエミッション車については、頭を悩ませているそうです。

The bigger looming issue is the zero-emission vehicles mandate that is baked into the 2025 regulations, Moro said. Nine states have adopted California’s mandate that 15 percent of new-vehicle sales be zero-emission vehicles.

“To me, the biggest regulatory headache right now is ZEV,” he said.

いくら内燃機関を磨き上げても、ゼロエミッションにはならないですからね。

Mazda faces fight to maintain mpg lead

カリフォルニア州2025年規制…EVやPHVの販売比率を15.4%に | レスポンス(Response.jp)
米オバマ政権、2025年の新燃費規制を正式発表…23.2km/リットルへ | レスポンス(Response.jp)

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする

コメント

  1. Jomon より:

    cafe規制は甘いので、欧州の95g/km(24.4Km/L)規制をクリア出来れば凌げますね。

    問題なのはカリフォルニアZEV規制ですが、小規模メーカーなので9.2%を目指せですね。
    http://www.yasuienv.net/ZEV2018.htm
    EVとかPHVとかレンジエクステンダーとか楽しみですね。
    対象地域は8州で全米の24%程度なので、やたら多くは無いですけどね。

    達成目途のないスバルは、クレジット購入を進めている様ですね。
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/103000122/?rt=nocnt

    日産は三菱自のPHEVを手中にしてホクホクですね、トヨタはヤバイ???