マツダのGVCは日立オートモティブの車両制御「G-Vectoring」がベース

Ads by Google

mazda-gvc2

日立オートモティブシステムズのリリースによると、同社のG-Vectoring制御のアルゴリズムを基にマツダのGVCが応用開発されたそうです。

日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)の車両運動制御「G-Vectoring」に基づいた新技術が、マツダ株式会社(以下、マツダ)で開発され、マツダが大幅改良し本日より国内販売する「マツダ アクセラ」から順次搭載されます。

このたび「マツダ アクセラ」から順次搭載されるマツダの新技術「G-ベクタリング コントロール(以下、GVC)」は、日立オートモティブシステムズが有するG-Vectoring制御のアルゴリズムを基にマツダが応用開発したもので、車両の横方向と前後方向の運動を連係し、四輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両運動を実現する世界初の制御技術です。


ニュースリリース:2016年7月14日:日立

画像は、マツダのGVC説明画像で日立オートモティブシステムズものではありません。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする