新型アクセラから性能向上したマツダの自動緊急ブレーキ

Ads by Google

マツダは、新型アクセラからSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)の性能を向上しています。ただ、きちんと止まれるかは別。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートを開発

アドバンストSCBSは、7月発売の新型アクセラや8月発売の新型アテンザから順次採用されるみたいです。

まずは、カタログの内容を見ると、
A-SCBS
アドバンストSCBS作動条件は、

  • 対車両:約4〜80km/h走行時
  • 対歩行者:約10〜80km/h走行時

となっており、対車両の作動速度上限が、30km/hから80km/hに引き上げられています。そして、従来型の赤外線レーダーから「カメラ」に替わっています。

そして、歩行者検知機能が追加されています。これも、センサーをカメラにして実現しています。

こちらが、現行車のカタログ。
SCBS
ただ、カタログを見ても「ステレオカメラ」を装備しているようには見えないので、単眼カメラ+赤外線レーダーで実現しているのではないでしょうか。

すると、ステレオカメラを使った自動緊急ブレーキは、次期CX-5で採用とか?それとも、これがしばらくマツダのスタンダードになるのかな。

マツダが2016年に提出を控えた重要な宿題
古い記事になりますが、マツダの自動緊急ブレーキ(SCBS&SBS)のアップデートが2016年に控えているかも、という話です。
2017年から自動緊急ブレーキなどの安全装備が自動車保険の割引対象に
読売新聞の報道によると、先進的な安全装置を搭載した自動車の保険が10%ほどが安くなるそうです。

JNCAPの自動緊急ブレーキ試験やユーロNCAPの衝突試験の結果が今から楽しみですわ。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする