マイナーチェンジするマツダ新型アテンザのインテリアについて

Ads by Google

みんカラに8月にマイナーチェンジするアテンザのインテリア写真が掲載されています。

写真は、リンク先のみんカラを見てもらうとして…。

外観はドアミラーのデザインが変更になる(現行CX-5と同じようなウインカー配置になる)程度で、他に変更は無いようです。(カラーラインナップは変更になるようですが)

エクステリアはほとんど変更なしだそうです。

掲載されている写真から読み取れる変更点は、

  1. ステアリングホイール(CX-9と共通)
  2. アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(カラー化?)
  3. インパネデコレーションパネル(チタニウムヘアライン採用)
  4. ドアスイッチパネル(チタニウムヘアライン採用)
  5. パワースイッチのノブ(サテンクロームメッキ採用)
  6. グローブボックスのノブ(サテンクロームメッキ採用)
  7. 天井とピラー(ブラックに)
  8. オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト
  9. フロントガラス(遮音ガラス採用)
  10. 4席すべてのパワーウインドウスイッチ(ワンタッチ機構採用)
  11. マルチインフォメーションディスプレイ(フルカラーTFT液晶採用/CX-9と共通?)
  12. 革シート(ナッパレザー採用)

他にもあるのでしょうが、まずは、こんなところかな。

パット見の豪華さやそれっぽい演出がメインのマイナーチェンジになるのかなぁ??フルモデルチェンジまでは、まだ時間がありそうなので、これからも、ちゃくちゃくを価格アップを積み重ねそうです。

アテンザ・マイチェン(内外装)|madrugadaのページ|ブログ|madrugada|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする