[サービスキャンペーン]マツダ、アクセラとアテンザ、CX-5のディーゼル車の部品組み付け不良

Ads by Google

マツダは、アクセラとアテンザ、CX-5のディーゼル車のホースの組付けが不適切なため加速不良となるおそれがあるとサービスキャンペーンを始めました。

アクセラ、アテンザ、CX-5のサービスキャンペーンについて

不具合の内容

ディーゼルターボエンジン搭載車において、インタークーラーと吸気シャッタバルブを繋ぐホースの組付けが不適切なため、ホースを固定するクランプの締結力が不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、エンジンの揺動等により当該ホースが抜け、加速不良となるおそれがあります。

対象車

  • アクセラ
    • LDA-BM2FS:平成25年12月19日~平成26年5月31日

  • アテンザ
    • LDA-GJ2FP:平成25年10月1日~平成26年5月30日
    • LDA-GJ2FW:平成25年10月1日~平成26年5月30日

  • CX-5
    • LDA-KE2AW:平成25年10月1日~平成26年5月31日
    • LDA-KE2FW:平成25年10月1日~平成26年5月31日

改善の内容

全車両、ホース挿入部を脱脂し、クランプを対策品と交換します。

サービスキャンペーン開始日

平成28年6月3日

【MAZDA】アクセラ、アテンザ、CX-5のサービスキャンペーンについて|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする