マツダ、自動車技術展にアップデートしたSKYACTIVテクノロジーを展示予定

Ads by Google

マツダは、日本最大の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016」にマツダブースを出展し最新技術を紹介するとのニュースリリースを配信しました。

ニュースリリースの中で、3つの分野での最新技術を紹介すると告知しています。

  1. 走る歓び
    「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」
  2. 環境技術
    「DE精密過給制御」
  3. 安全技術
    衝突被害軽減ブレーキの機能向上とカメラによる標識認識技術

この3番目の安全技術は、日本ではほぼ初披露ですね。

カメラによる標識認識技術は、新型CX-9が採用しHUDに制限速度などを表示しています。
new-hud表示は、異なりますが、アクセラにもマイナーチェンジから採用になります。

そして、「衝突被害軽減ブレーキの機能向上」です。これが、アクセラのマイナーチェンジから採用する技術ならば、単眼カメラも利用することで歩行者検知も可能になり、作動速度上限も80km/hまでアップしているはずです。

確か、サービスマニュアルなどを見てもしっかり説明されていなかったような…。スマートアシスト2とは作動条件が異なっていますが、Toyota Safety Sense Cとは条件が近いんですよね。サプライヤーを知りたいですね。

それっぽい技術を搭載した車が市場に出る前には、しっかり前宣伝…説明を欠かさないものなので、アクセラのマイナーチェンジ前にもこうして前宣伝…説明する機会は逃しません。

SKY-Rにもこのような機会が、一日も早く気て欲しいです。

【MAZDA】マツダ、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016」に出展|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする