マツダ新型CX-9は全車速追従機能付MRCCを装備

Ads by Google

new-cx-9

マツダが先日公開した「2016年マツダ技報」によると、新型CX-9はマツダ初の「全車速追従機能付MRCC」を装備しているとのことです。


新型CX-9は全車速追従機能付MRCCを装備

「新型CX-9の紹介 Introduction of New CX-9」の章で、新型CX-9にどんな開発が行われ、どんな技術が使われているかを総括しています。その最後「安全・i-ACTIVSENSE・HMI」の項目に以下のように書かれています。

新型CX-9の紹介 Introduction of New CX-9 3.7 安全・i-ACTIVSENSE・HMIしっかりと「全車速追従機能付」「停止まで減速制御を行う」と書かれていますね。

気になるのは、国内仕様への展開です。新型アクセラには載らないはずです。今夏マイナーチェンジするアテンザには、載るのかな?載らないのかな? 国内でのフラッグシップなのでアテンザには採用するのかも???(こんなところで差をつけてもしかたがないと思うんですけどね(汗)。)

豪州向け新型CX-9はALHを装備

そして、その下の図を見ると「ALH」と書かれています。北米向けの新型CX-9には、ALHは採用されていなく、その代わり「HBC(ハイビームコントロール)」と「AFS(アダプティブフロントライティングシステム)」が装備されています。なので、これも豪州向けで採用するようです。

豪州メディアの「2016 Mazda CX-9 loads up on segment-best safety tech」の中で、ALHの説明をしているので、不思議だったのですが、こういうことのようです。

新型CX-9のヘッドランプは単眼のはずなので、新型アクセラと同じ仕組のユニットが使われているのではないかと想像しています。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする