マツダ、2016年3月期決資料より構造改革ステージ2で6車種を市場投入と判明

Ads by Google

昨年の決算資料では5車種としていた新型車が、今年は新型車5車種、派生車1車種の合計6車種に増えています。

カラーの資料がダウンロードできなかったので、モノクロの資料から新型車に関係ある部分を抜き出します。

2016年3月期 決算説明会プレゼンテーション資料より

構造改革は、質的成⻑とブランド価値向上のステージへ

2016年3月期決算説明会

新型車6車種を投入

2016年3月期決算説明会「最新デザイン/技術/装備を、「商品改良モデル」として全商品に展開」がミソですね。そして、CXシリーズのラインナップを拡充としているのは、更に増やすという意味でしょうか?既に増やしたという意味でしょうか?

将来的には、売上の半数をCXシリーズで

2016年3月期決算説明会CXシリーズで半分を稼ぎだす点は、以前から、「中の人」がインタビューで話していた内容ですね。

2016年度は主に商品改良モデルの年

2016年3月期決算説明会2017年3月期は、構造改革ステージ2の助走段階というところなのでしょうか。

全体的に昨年の説明資料よりも具体的な記述が、随分と少なくなっている印象です。

「商品改良モデル」は、先のCX-5/アテンザ並の改良を加えたモデルを指すようなのです。今年は、夏にアクセラと秋にアテンザ、冬にCX-5が改良されるようですが、アクセラはともかく、他の2車はどの程度の改良なのでしょう。

市場投入される6車種は?

マツダが今後3年間で予定している新型5車種は?
CX-4が予告され、「MX-5 RF」が発表されました。新型5車種の残りはあと3車種ということでいいのかな?
以前から、何度か予想しているのに、台数が変わって何が何だか分からなくなります。

2016年度

  • ロードスターRF(派生:1)→ 発表
  • CX-4(新型:1)→ 予告

2017年度

  • 新型ミニバン(新型:2)
  • CX-5(新型:3)

2018年度

  • アクセラ(新型:4)

これに、アテンザが追加になるイメージでしょうか?? まさか、CX-6なんて出さないですよね? それとも、遅れているCX-9の投入を数えてしまっているとか???

【MAZDA】プレゼンテーション資料|IR資料
マツダ 小飼社長、CX系の生産比率を「2018年度までに半数に拡大」 | レスポンス(Response.jp)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    発売が夏に遅れてしまったCX-9を入れて6車種でしょう。

    CX-5(3列追加)とアテンザは、2017年早々にMCじゃないかな。

    カリフォルニアZEV規制対応のEV/RExが、2017年に必須だと思います。
    http://www.sankei.com/premium/print/151121/prm1511210003-c.html
    >今は(エンジンで発電して電気自動車の航続距離を伸ばす)レンジエクステンダーを考えていて