マツダ、新型CX-4を国内向けにアナウンス

Ads by Google

Mazda-CX-4-Peking-Motor-Show-2016-11

マツダは、北京モーターショー2016で発表された新型CX-4について国内向けにニュースリリースを配信しています。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「北京モーターショー2016」において、新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-4』を世界初公開しました。『CX-4』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した、マツダ新世代商品群の最新モデルであり、2016年6月に中国での発売を予定しています。

『CX-4』は、「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプトのもと、既存の概念・枠組みを越えることを目指し、開発されました。「魂動」デザイン特有の躍動感ある造形をベースに、力強い踏ん張り感とクーペのような流麗なキャビンを組み合わせた「際立つ存在感」、優れた乗降性やフレキシブルな荷室など日常の扱いやすさに注力した「考えぬかれた機能性」、SUVらしい地上高と新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」による走破性と、低重心ボディによる操縦安定性などによる、さまざまなシーンでの「人馬一体」の走りと優れた環境・安全性能(サステイナブルZoom-Zoom)を提供価値としています。

マツダの稲本 信秀(いなもと のぶひで)取締役専務執行役員(中国事業統括)は、次のように述べています。「『CX-4』は、中国におけるマツダ新世代商品の第4弾であり、SUV需要の旺盛なこの市場において、マツダブランドのさらなる成長を支える商品です。今後もマツダは、中国におけるブランド強化に取り組みます。そして、クルマを通じてお客様の人生をより豊かにするブランドを目指します。」

cx-4_spec

【MAZDA】マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開|ニュースリリース


この他、国内メディアで中国以外での発売について触れた部分を引用すると、

新たに導入するCX-4について稲本氏は、「グローバル市場を視野に入れたこの『CX-4』を、SUV需要の旺盛なこの重要な中国から導入します」と語り、マツダブランドのさらなる成長を担う商品との位置づけを示した。

【北京モーターショー2016】マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開 – Car Watch

生産はすでに中国内の一汽マツダ工場で始まっており、発売開始予定は6月から。価格は販売直前に発表される予定だ。
また、日本を含む各市場での販売時期については今回未発表だった。

マツダが中国で初のワールドプレミア!6MTも用意する新型「CX-4」、すでに中国で生産開始! 【オートックワン】

今回、CX-4お披露目の場となった中国では、2016年6月に発売が予定されているという。価格や日本市場導入についての発表は、今のところまだない。この手のクルマはなんだかんだ言ってもデザインが肝。また、その善し悪しは写真では決して十全に分かるとは言えまい。これまでの「魂動」デザインを採用した現行マツダ車を見れば、期待が裏切られることはないと分かってはいるが、いやだからこそ、マツダは1日も早く、日本でもCX-4の実車を公開するべきだ

マツダ、クーペのような新型SUV「CX-4」を北京モーターショーで初公開 – Autoblog 日本版

と、事前の情報通り、中国以外での発売については、アナウンスできる事はないようです。

あと、Autoblog 日本版には、「停車時にブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持するオートホールド機能が、MT車だけでなくAT車にも、マツダ車として初めて採用された。」と、説明がありました。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする