マツダ、RX-VISIONの量産化にはまだまだ慎重?

Ads by Google

Mazda RX-VISION

CarAdviceが、RX-VISIONの量産化についてマツダ関係者の話を掲載しています。ちょっと不安になる内容です。

マツダオーストラリアの本社新社屋のオープン時にインタビューしたもののようです。話の主は、中峯勇二欧州・豪亜・中ア・新興国事業統括専務執行役員です。

“I was encouraged by the concept but still think, we just created that kind of concept, kind of a dream of bringing that to market in the future but at this moment, no specific plan to mass-produce the vehicle,” he said.

「今のところ、この車を量産する具体的な計画はない」なんて言っているので、なんだか不安になります。そして、

“I think Mazda R&D will continue to look, that’s their dream as engineers. When it comes to business I think we have to study lots of elements, recovering engineering costs, tooling, we have to be realistic.

“Then if we make good money, and are more robust and can afford more engineering resources, we can again talk about new concepts or visions or whatever. To be honest, I’m very careful about this concept, but unless we continue to create that kind of concept we cannot realise our dream in future. Thats where we are.”

「まずは、(コアモデルで)お金を稼いで、エンジニアリングのリソースに余裕ができたら、新しいコンセプトやビジョン、したいことについて話が出来る」、という点は、以前も、藤原大明神が話していたように思います。

ビジネスになったら…現実主義的になる…なんてセリフも出ているあたり、近々にRXシリーズの量産モデルが登場するとは思えないくらいです。

マツダスピード然り、多くの販売を期待できないジャンルなので、どうしても、スポーツカーでは、慎重になってしまいますね。SUVなら中国先行販売までするのに…。

Mazda ‘RX-9’ still on the production backburner

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする