悲報、現行世代のマツダスピーバージョンは絶望的(更新)

Ads by Google

Mazda-3-MPS-badge

これまでも繰り返し、マツダスピードアクセラの登場の雲行きが怪しいと海外メディアが伝えていましたが、ついに息の根を止められた感じです。

息の根を止められたのは、現行世代でのマツダスピードバージョンです。

北米マツダのボス毛籠氏が、例のオーストラリアのメディア、motoring.com.auに話したことがもとになっています。一部を引用すると、

“Our research and development department is 100 percent focused on delivering Skyactiv generation two and if we don’t have this we don’t have any other derivatives,” Moro told Motoring. Once the new engines arrive around 2017, Mazda’s engineers can start to develop performance versions. “MPS or performance model or a sort of iconic model of the future will be a little bit later at this stage,” Moro said.

Mazda won’t build new Mazdaspeed3 or 6 based on current models


要約するとおそらくこういう話だと思います。

  • これまでのマツダスピードバージョンは「幼稚」だった
  • マツダブランドはより洗練され、より高級に、より成熟している
  • 現在はSKYACTIV GEN2に全精力を注いでいる
  • マツダスピードバージョンは次世代までお預け
  • 2017年以降にパフォーマンスのバージョンを開発を開始できる
  • マツダスピードバージョンや将来の象徴的なモデルはこの段階では少し後になる
  • 次のマツダスピードバージョンは2020年以降になるとみられる


【追記】Autoblog 日本版から冒頭を引用、

悲しいニュースだが、全く予想していなかったわけでもない。オーストラリアの自動車情報サイト『Motoring』に掲載されたインタビューによると、マツダは現行の「マツダ3」(日本名:「アクセラ」)と「マツダ6」(日本名:「アテンザ」)では、「マツダスピード」のような高性能バージョンを開発する予定はないとのこと。また、将来的にもし次期型にパフォーマンス・モデルが登場するなら、過去のマツダスピード・モデルよりも高級指向の製品になりそうだ。

マツダ、現行モデルをベースにした「マツダスピードアクセラ」と「マツダスピードアテンザ」の発売は計画なし – Autoblog 日本版

RX-VISIONの市販バージョンが、いったいどのようなコンセプトで登場するのかで、次のマツダスピードバージョンの方向性が分かるかもしれないです。ハイパワーでバリバリというよりも、バランス重視の「人馬一体」をさらに推し進めたモデルになるのでは…(スバルがBRZにターボエンジンを載せない方針にも重なります)。

さて、今年の年次改良でアクセラはどのようなグレード構成になるのでしょう。XDがスペシャルティからスポーツに立ち位置を変えるのかなど気になる点は多いです。

新型アクセラは「人間中心に進化・深化する」:開発者インタビューより
レスポンスにアクセラの開発主査とチーフデザイナーのインタビューが載っています。新型についてほんの少しだけ話しています。

Current Mazda3 Won’t Get MPS/Speed Version, Company Senior Executive Says

マツダスピードアクセラは排除されていない
motoring.com.auが、丸谷氏の話を交えてMPS(マツダスピードバージョン)とSKY-G 2.5Tの話題を記事にしています。
マツダ「今はマツダスピードバージョンよりもSUVが優先」
CarAdviceが、フランクフルトモーターショーで毛籠常務執行役員に聞いた「Mazda3 MPS」についてのインタビューを掲載しています。
マツダ、次期マツダスピードアクセラに及び腰?
次期CX-9に搭載される2.5L直4ターボが載ると噂されている次期マツダスピードアクセラですが...状況は芳しくないようで...。
Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする