[リコール]マツダ デミオ、CX-3、ロードスターのDC-DCコンバータ不具合のためリコールを届出

Ads by Google

マツダは、デミオ、CX-3、ロードスターのDC-DCコンバータに不具合があり、最悪の場合、火災に至るおそれがあるとしてリコールを届出ています。

デミオ、CX-3、ロードスターのリコールについて

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

DC-DCコンバータにおいて、部品の検査指示が不適切なため、過大な電圧をかけ、内部基板がダメージを負ったものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、コンバータ内部がショートし、充電不良となり、警告灯等が点灯し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

対象車

  • デミオ
    • LDA-DJ5AS:平成26年11月4日~平成27年4月3日
    • LDA-DJ5FS:平成26年8月5日~平成27年7月8日
  • CX-3
    • LDA-DK5AW:平成27年2月2日~平成27年6月16日
    • LDA-DK5FW:平成27年2月2日~平成27年5月26日
  • ロードスター
    • DBA-ND5RC:平成27年3月5日~平成27年9月16日

    合計:1,073台

改善措置の内容

全車両、DC-DCコンバータを良品に交換します。

mazda-3795


【MAZDA】デミオ、CX-3、ロードスターのリコールについて|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする