[リコール]マツダ デミオ、CX-3、MPVの前輪サスペンション不具合でリコールを届出

Ads by Google

マツダは、デミオ、CX-3、MPVの前輪サスペンションに締結不具合があり、最悪走行不能になるおそれがあるとしてリコールを届出ています。

デミオ、CX-3、MPVのリコールについて

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

前輪サスペンションにおいて、ダンパーとナックルの締め付け作業が不適切なため、ナットの締め付け力が不足しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用すると、当該ナットが緩み、最悪の場合、ナットおよびボルトが脱落し、走行不能になるおそれがあります。

対象車

  • デミオ
    • DBA-DE3AS:平成25年5月24日~平成25年10月9日
    • DBA-DE3FS:平成25年2月2日~平成26年9月4日
    • DBA-DE5FS:平成26年3月17日
    • DBA-DEJFS:平成24年12月13日~平成26年9月18日
  • CX-3
    • LDA-DK5AW:平成26年12月23日~平成27年12月3日
    • LDA-DK5FW:平成26年12月25日~平成27年10月29日
  • MPV
    • DBA-LY3P:平成25年9月3日~平成25年11月25日

    合計:612台

改善措置の内容

全車両、当該ナットの締め付けトルクを点検し、ナットが緩んでいるものは、ボルトおよびナットを新品と交換し、規定トルクで締め付けます。

mazda-3794


【MAZDA】デミオ、CX-3、MPVのリコールについて|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする