一汽マツダ、新型CX-4の機能の一部を公開

Ads by Google

cx-4_banner0405

一汽マツダは、予告通り4月5日にホームページをアップデートし、新型CX-4の機能の一部を公開しています。

ただし、目新しい機能はなく、どれも従来から継続機能ばかりです。以下、自動翻訳をそのまま引用しています。

人間中心の開発理念「より良い機能性」

マツダCX-4の両方の「空間」と「機能」、あなたは創造的なライフスタイルの実現を支援します。各グリップステアリングホイールは、その作用それの心に無限のエネルギー、未知を発芽します。そして、マツダCX-4一緒に、毎日私は本当に探検を楽しむすべてのレコードを新たな課題を満たすために。

cx-4_banner0405

スマート冷静にトランクスペース・クティブ駆動のディスプレイヘッドアップ・ディスプレイ
cx-_ts4

コントロールディスプレイにシステム&7インチをリンクMZD接続マツダワイアット
コントロールノブ&電子駐車システム(EPBシステム全体が標準装備されています)

cx-4_ts5

今回は、特に面白い内容ではなかったような…。次は、4月15日に更新です。

Exploring-Coupe 未来派轿跑SUV Mazda CX-4

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. hige より:

    いつも楽しみに拝見させていただいてます。
    パーキングブレーキの下にAUTO HOLD的なボタンがありますね。
    私、改良後のCX-5に乗ってますが、海外専用の機能だとしたらチョット悔しいですね。

  2. 通りすがり より:

    ブレーキAutoHOLDは、今まで無かったのでは?
    マツダも停車までクルコン継続か??