マツダ、全店舗で全車種を販売へ。販売体制を一本化し強化

Ads by Google

マツダは、4月1日からオートザム販売店ですべてのマツダ車を取り扱うとリリースを発表しています。

リリースの書き方が整理されていなくて、読み難いのですが…こういうことのようです。

  1. オートザム販売店ですべてのマツダ車を取り扱う
    「アテンザ」「ロードスター」「タイタン」「ファミリアバン」の4車種が追加になる
  2. ディストリビューター機能の一部を、全国の販売会社に移管し、商物流を一本化する

軽自動車を中心に販売していたオートザム店でスポーツカーや商用車も販売し、これによりユーザーの利便性が向上、全国で統一的な販売戦略を進められるようになるとのこと。

ところで、リリースにある「マツダらしいブランド体験」って何でしょう?ドライビングポジションでさえレクチャーされたこともないのに…。販社の人材育成もユーザーにとっての「体験」には大きな要素ではないかと思います。

【MAZDA】マツダ、ブランド価値のさらなる向上に向け、国内販売体制を強化|ニュースリリース
マツダ、全店で全車種取り扱い 販路を1系列に集約  :日本経済新聞

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする