[リコール]マツダ、ボンゴフレンディのパワーウィンドウスイッチから発火の恐れ

Ads by Google

マツダは、ボンゴフレンディのパワーウィンドウスイッチが侵入した水分により発熱、溶損し、最悪の場合、発火するおそれとしてリコールを届出ています。

ボンゴフレンディのリコールについて

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

運転席ドア部のパワーウィンドウスイッチにおいて、内部構造が不適切なため、多量の水分がスイッチ内部に浸入すると、スイッチ内部の基板に異常電流が流れることがあります。そのため、当該部位が発熱、溶損し、最悪の場合、発火するおそれがあります。

対象車

  • SGEW:平成7年6月1日~平成14年4月26日
  • SGE3:平成9年11月6日~平成14年4月1日
  • SG5W:平成7年4月19日~平成14年5月7日
  • SGL3:平成7年4月20日~平成14年3月4日
  • SGL5:平成7年4月19日~平成14年4月12日
  • SGLR:平成7年4月19日~平成14年5月7日
  • SGLW:平成7年5月12日~平成14年4月12日

改善措置の内容

全車両、パワーウィンドウスイッチを対策品と交換します。
3780


【MAZDA】ボンゴフレンディのリコールについて|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする