マツダは「外装/外観のデザイン」で選ばれるメーカー

Ads by Google

Mazda3

J.D. パワーが、昨年10月に発表していた「日本自動車購入意向者調査(NVIS)」によると、マツダの好意点は「外装/外観のデザイン」とのこと。

日本自動車購入意向者調査(NVIS:New Vehicle Intender Study)とは

J.D. パワー アジア・パシフィックが、2015年に日本で初めて実施し、2015年7月上旬から中旬にかけてインターネット調査を実施し、総計6,000人から回答を得たということです。

今後1年以内に新車乗用車の購入を検討している消費者(現保有車の有無、新車・中古車の別は問わない)を対象として、次回購入を検討している車のタイプ詳細(車の種類や仕様)や重視点、ブランド認知度や好意度、検討ブランド/モデル、ブランドイメージ、更には新技術に対する興味や関心など、消費者の意識や購買行動に関する情報を広範囲に収集している。

NVISの主な調査結果

マツダに関わる気になる部分を抜き出すと…。

マツダの好意点は「外装/外観のデザイン」

  • 最も検討している車の好意点は、多くの日本車メーカーでは「燃費のよさ」、外国車メーカーでは「外装/外観のデザイン」が最も多く挙げられている。

    但し、レクサスとマツダは「外装/外観のデザイン」、スバルは「走行性能」を挙げるユーザーが最も多く、異なる特徴がみられる。

ディーゼルの購入を検討しているのは「19%」

  • 次に購入を検討している車のエンジンタイプについて、「ハイブリッド」と回答したユーザーは約半数の48%。「ディーゼル」は19%、「プラグインハイブリッド」は13%となっている。さらに、「電気(EV)」が9%、「燃料電池(FCV)」は5%。

engine
「19%」は多いと見ていいのかな?どうなのでしょう。このほとんどが輸入車やマツダを購入する層なのでしょうね。

好きなブランド、マツダは五番手

好きなブランドとして最も多く挙げられたブランドのトップ10は、

  1. トヨタ(50%)
  2. ホンダ(34%)
  3. BMW(30%)
  4. 日産(28%)
  5. マツダ(24%)
  6. レクサス(24%)
  7. スバル(23%)
  8. アウディ(22%)
  9. メルセデス・ベンツ(22%)
  10. ポルシェ(17%)

マツダって、こういう順位付けの場合、だいたい5、6番目ですよね。

ミニバンに乗ると次もミニバンが多い

現在ミニバンに乗っている層で次もミニバンを検討している人は、40%にのぼります。
segment
するとですよ、どうするマツダ!?ってことになりませんか?下手をすると4割のユーザーが逃げていくということになるということですかね?

マツダに言及はしていないのですが、詳細を知りたくなるのが「顧客ロイヤリティ」の件、

  • どのメーカーでもリピート層(過去にそのメーカーの車を所有した経験があり、現在もそのメーカーの車を所有しているユーザー)で、次回も同じメーカーの車を検討しているという割合が際立って高いが、その割合はメーカーによって異なる。トヨタ、レクサス、BMWなどは、リピート層で次回も同じメーカーの車を検討している割合が70%以上であるのに対し、一部のメーカーでは30%台と低水準に留まっており、メーカーによって顧客のロイヤリティにはばらつきがある。

マツダがこだわっている、ユーザーとの結びつき。それがリピートにも表れてくるはずなのですが、このデータは公表されていないのでしょうか。とても気になります。この30%台はどこなのでしょう?そして、マツダは?


2015年日本自動車購入意向者調査(NVIS) | J.D. Power

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする