マツダ、今春発売予定の新型CX-9の生産を開始

Ads by Google

マツダは、今春アメリカを中心に販売される新型CX-9を本社工場で生産を開始したと案内しています。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は昨日、本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)で新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」の生産を開始しました。このたび生産を開始した新型「CX-9」はアメリカおよびカナダ市場向けです。新型「CX-9」は、年間約5万台のグローバル販売計画台数の約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとして、2016年春より、北米から順次販売を開始する予定です。

新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群のハイエンドモデルである新型「CX-9」は、ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じて、機能やスペックを超えた上質な心地よさをお客様にお届けします。また本社工場では、同車種の生産開始にあわせて、新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始しています。

【MAZDA】マツダ、新型「マツダ CX-9」の生産を開始|ニュースリリース

mazda_cx-9_1

mazda_cx-9_2

この2枚の写真とも新型CX-9は新色のグレー。魂赤はどうした?(笑)。そして、CX-9の後ろにある車種がCX-5であったりCX-3であったりとマツダらしさがちらっと写っています。

マツダ、北米市場向け新型「マツダ CX-9」の生産を開始 – Autoblog Japan

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする