まさかマツダがジュネーブで新型SUVを発表するなんてことは…

Ads by Google

今のところ、マツダ越KOERUの量産型は4月の北京モーターショーで発表されるという噂ですが、新型CX-9が販売されない欧州向けの武器は?

autoevolutionを読んでいると、このような記事が。

Due to Europe’s fairly recent love affair with these types of vehicles, European car registrations went up by 9.3 percent in calendar year 2015. From a market share of 19.8 percent in 2014, SUV and crossover sales boomed to a whopping 22.5 percent of the overall market.

The subcompact segment is now the second best, with a 22 percent share of new car sales in Europe. On the third place, we find the compact passenger vehicle segment, holding a strong 20.6 percent market share on the Old Continent.

SUVs Are the Best-Selling Vehicles in Europe

更に読み進めると、2015年は、SUVががっつり増え、サブコンパクト(Bセグメント)、コンパクト(Cセグメント)もまずまずだけど、大型MPV、大型セダン、ラグジュアリーセダンが大きく減っている、と書かれています。

確かにこの状況だと新型CX-9を欧州に持って行っても、きっと喜ばれませんね。すると、欧州でデザインされた越KOERUをなる早で投入するほうが…と思いますが、さて、さて。

マツダは、2014年に「跳」を2015年には欧州仕様ND型MX-5を発表しています。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする