マツダ新型CX-4は一汽マツダ史上最重要戦略車

Ads by Google

china-mazda

中国の空前のSUVブームのさなか、新型CX-4は一汽マツダ(マツダ本体にも)もっとも重要な車種になるようです。

まずは、日経新聞の記事です。

中国汽車工業協会によると、昨年の中国でのSUV販売台数は前年比52.4%増と市場全体の伸び率(4.7%)を大きく上回った。主力のセダン市場が初めて前年を下回るなかで、SUVは乗用車を購入する3人に1人が選ぶ「売れ筋」だ

中略

同社の「哈弗(HAVAL)」と呼ばれるSUVシリーズは当時、約300万円。CR―Vの半分程度の価格で人気を得た。10年には長城汽車のSUVが「本家」のCR―Vを抜いて販売トップに立つまでになった。

この成功を目の当たりにした他の中国車各社が今度は長城に追随。12年ごろから商品戦略の軸足をSUVにシフトして15年にかけて新車を市場投入、それが今回の空前のSUVブームを呼び込んだ。

SUV、中国で現地勢躍進 15年トップ10に7車 :日本経済新聞


そして、トップの画像に使った中国の記事では、画像にも「一汽马自达有史以来最重要的战略车」と読めますが、

对于一汽马自达而言,急需一款适销对路的SUV车型来提振销量,而全新的CX-4无疑将承担起这个重任(機械翻訳:一汽マツダ、市場性の緊急の必要性のSUVの販売を後押しするモデル、および新しいCX-4、間違いなくこの責任を負います)。

重要战略车型 全新一汽马自达CX-4谍照_新浪汽车_新浪网

と、かなり力が入っているようです。

ここまで中国市場がSUVに傾くと、生産キャパがどうのこうのではなく、先日の中国新聞の記事にあるように「日本国内の工場に先駆けて中国で新型車を量産するのは初めて」という異例の対応をしなくてはならないのですね。

マツダの新型車は、基本的にグローバルで販売し、「どこどこ専売」とはならないと聞いたことがありますが、CX-4に関して言えば、ますます、しばらくは中国生産・中国販売になりそうな情勢です。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする