2015年のマツダを振り返ってみると

Ads by Google

新型ロードスターの日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞で締めくくったマツダの2015年でしたが、この一年を振り返ってみます。

2015年のマツダ

新型車発売

  1. 2015年2月27日
    新型CX-3
  2. 2015年4月23日
    デミオ特別仕様車「Mid Century」
    デミオ特別仕様車「Urban Stylish Mode」
  3. 2015年5月20日
    新型ロードスター
  4. 2015年8月27日
    アクセラマイナーチェンジ
  5. 2015年9月3日
    デミオ「助手席回転シート車」
  6. 2015年9月24日
    ロードスター「NR-A」
    デミオ「15MB」
  7. 2015年10月1日
    ロードスター「RS」
  8. 2015年12月17日
    アクセラセダン特別仕様車「XD」
  9. 2015年12月24日
    CX-3マイナーチェンジ
    デミオマイナーチェンジ

軽自動車を除くと、9回の発表機会とのべ12車種が発売になっています。ロードスターなんて2度に分けて2つのグレードを追加しているし、CX-3に至っては発売開始から10ヶ月でマイナーチェンジが入っていまいました(CX-5と同じパターン)。フットワークが良すぎると、初期型を買ったユーザーの顰蹙&反感を買うだけですよ…(私の事)。

コンセプトカー、日本未発売車

  1. 2015年9月17日
    越KOERU(フランクフルトモーターショー)
  2. 2015年10月28日
    RX-VISION(東京モーターショー)
  3. 2015年11月4日
    新型CX-9(ロサンゼルスモーターショー)

私は、市販車に近いモデルとして「越KOERU」には大注目です。これの登場でアクセラに影響が出るかもしれないですから。そして、マツダだけの夢ではなくなった「RX-VISION」。どのタイミングで市場投入されるのか、その時の「SKY-R」の仕様(燃料、ターボ、電動化、出力などなど)がどんなものか…興味と期待は大きいです。新型RX-9に搭載されるSKY-G 2.5Tの横展開は、ハイパフォーマンスモデルの登場とともにこれまた非常に気になります。2016年以降に向けてしっかりと「種がまかれた」印象です。

リコール・サービスキャンペーン

  1. 2015年12月25日届出
    アテンザのリコールについて
  2. 2015年12月10日届出
    デミオのリコールについて
  3. 2015年12月10日届出
    アテンザの改善対策について
  4. 2015年12月11日開始
    アテンザ、アクセラのサービスキャンペーンについて
  5. 2015年12月3日届出
    CX-5の改善対策について
  6. 2015年11月26日届出
    デミオ、CX-3のリコールについて (1)
  7. 2015年11月26日届出
    デミオ、CX-3のリコールについて (2)
  8. 2015年10月16日届出
    ファミリア、平成8~11年式デミオ、レビュー、その他14車種のリコールについて
  9. 2015年10月8日届出
    アテンザ、アクセラ、CX-5のリコールについて
  10. 2015年7月16日届出
    アクセラハイブリッドのリコールについて
  11. 2015年6月4日届出
    アテンザのリコールについて
  12. 2015年6月4日届出
    アテンザ、RX-8のリコールについて
  13. 2015年5月22日届出
    アテンザ、ボンゴ、ボンゴブローニイ、タイタンダッシュのリコールについて
  14. 2015年5月21日開始
    アクセラ、デミオのサービスキャンペーンについて

軽自動車、商用車を除いています。タカタ製エアバッグ問題で旧型車に数万規模のリコールが発生しました。自分のCX-5や実家のデミオも対象車になりました。

【MAZDA】2015年|ニュースリリース
リコール又はサービスキャンペーンなど情報

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする