マツダ、リコールやクレームが元で中国でブラック企業リスト入り?

Ads by Google

マツダが、中国で度重なる品質問題が原因でブラック企業リストに入ってしまったそうです。

中国メディアはきょう22日、頻繁のリコール(回収・無償修理)や顧客対応の怠慢などでマツダ<7261>の中国合弁、馬自達(中国)企業管理(マツダ中国)は中国のブラック企業リストに入れられていると報じた。

マツダ中国は今年5月、9月、11月、12月に安全問題で計4回のリコールを実施したほか、顧客からのクレームが多いことや、対応の遅れなどでブラック企業リストに入れられたと指摘された。

業界の専門家は、これまで評判が良かったマツダが一転してブラック企業リストに入れられたことについて、同社がここ数年価格戦争に参入していたことが最大の要因だと分析した。コスト削減に伴う品質低下が自動車オーナーの不満を招いていると指摘した。

マツダ、頻繁のリコールなどで中国のブラック企業リストに | 注目トピックス – フィスコ

マツダの中国での統括拠点が、マツダ(中国)企業管理有限公司になるんですね。ここがブラック企業の仲間入りしたということらしいですが、それで、いったいどうなるのでしょうね。法人税が上がるとか?販売を制限されるとか?その辺がわからないと、なんとも言えないですよね。

ちなみ、国内でのマツダリコールは、えぇぇと、随分たくさんありますよ。今、マツダのページをキャプチャーしただけで、10件以上ありますから。それでも、ブラック企業リストには入っていませんよね。
 
mazda-recalls

客からのクレームの内容は知りたいですね。中国では、だいぶ古くなった車種も作り続けているし…中国だから、お国柄の出るクレームなどもきっとあるのでしょうね。

【MAZDA】リコール等情報|アフターサービス

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    きな臭いニュースですね、
    9月にもリコール報道が有りましたが、第一汽車がリークしてるような、、

    マツダが生産委託の一汽を切って合弁の長安マツダへ生産を絞り込む?
    CX-4の生産を長安マツダにしようとしている?
    CX-4の生産延期を考えている?(CX-3売れすぎで日本生産の開始が苦しい)