マツダ、米国環境保護庁による「企業平均燃費値」で3年連続総合1位を獲得!

Ads by Google

マツダは、米国環境保護庁(EPA)による2014モデルイヤー車の「燃費トレンドレポート1」において、企業平均燃費値が総合1位であったと発表しています。これで3年連続の総合1位です。

EPAの「燃費トレンドレポート」は、当該モデルイヤーとして米国で発売された車種の燃費動向をまとめたもので、各社別に企業平均燃費実績値を集計した結果などが公表されています。マツダの2014年モデル総合の平均燃費は、29.4mpg(マイル毎ガロン)で、前年比1.3mpgの改善となりました。

【MAZDA】マツダ、米国環境保護庁(EPA)燃費トレンドレポートの「企業平均燃費値」で3年連続総合1位獲得|ニュースリリース

29.4mpgを馴染みの単位に換算すると、約12.5km/Lになります。この数字だと「へぇ、そんなものか。」って感想になります。アメリカだとクリーンディーゼルが無いからなのかな?と思ってしまいます。

CX-5 XDの18.4km/Lは43.2mpgになるので、仮に日本で同じような計算をするともう少しいい数字が出るのでしょうね。

ところで、アメリカのリリースを見ると、二酸化炭素排出量についても言及しています。日本では何故CO2を環境性能のパラメーターにしないのでしょうね。不都合でもあるのかな?

The U.S. Environmental Protection Agency (EPA) noted in its most recent Light Duty Fuel Economy Trends report that Mazda Motor Corporation is the most fuel-efficient auto manufacturer in the U.S. With the highest fleet-wide adjusted fuel economy performance of 29.4 miles per gallon (MPG), and the lowest CO2 emissions of 328, Mazda led the chart for model year (MY) 2014.

EPA Report Names Mazda the Most Fuel-Efficient Auto Manufacturer in the U.S.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする