[リコール]マツダ デミオとCX-3の燃料フィルター不具合で燃料漏れのおそれ

Ads by Google

マツダは、デミオとCX-3の燃料フィルターに不具合があり、燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールを届けています。

デミオ、CX-3のリコールについて (2)

不具合の内容

燃料フィルターにおいて、ドレンプラグ取付部の平面が確保できていないため、製造時に過大なトルクでドレンプラグを締め付けた場合に、ガスケットが変形もしくは圧縮割れが発生するものがあります。そのため、そのまま使用を続けたり、定期点検時にドレンプラグを緩め、再締め付け作業を行うと、燃料が漏れるおそれがあります。

対象車

  • デミオ
    • LDA-DJ5AS:平成26年11月4日~平成27年10月14日
    • LDA-DJ5FS:平成26年8月5日~平成27年10月16日
  • CX-3
    • LDA-DK5AW:平成26年12月16日~平成27年10月15日
    • LDA-DK5FW:平成26年12月16日~平成27年10月15日

    合計:74,350台

改善措置

全車両、対策品の準備に時間を要することから、対策品の供給が出来るまでの暫定措置として、燃料フィルターを点検し、燃料が漏れている場合または、燃料フィルターの定期点検時期に該当する場合は、燃料フィルターを新品に交換します。なお、準備が整い次第、再度入庫の通知を行なうとともに、燃料フィルターのドレンプラグとガスケットを対策品に交換します。

リコール届出番号3705


【MAZDA】デミオ、CX-3のリコールについて (2)|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする