マツダからCX-3とロードスターがノミネート、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー

Ads by Google

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月1日にノミネート車45台を発表。マツダからはCX-3とロードスターがノミネートされました。

coty-2015-2016

ノミネート車は、2014年10月1日から2015年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象となります。一次選考により上位10車を日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考の候補車としてノミネートします。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、「走る車」が優勢な印象があるのですが、ロードスターが、果たして受賞することは出来るのでしょうか。

正直、国産車のノミネートを見ても、技術的なワクワク感がある顔ぶれじゃないです。安全性で言っちゃうとスバル車が圧倒しますが…。S660やコペンがとっても違う気がするし、ましてやミニバン勢でも言わずもがな…。

海外勢だと、ベンツのディーゼルハイブリッドやボルボのD4搭載車あたりは、インパクトはありましたが、テスラが持って行くとけっこうつまらない結果だなぁ、と思ったり。

この後のスケジュール

  • 11月6日:「10ベストカー」を発表
  • 12月7日:受賞車発表


日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト|第35回 ノミネート車
(ページタイトルが間違っているような気もしますが、そのままリンクを貼ります)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする