[リコール]マツダ、点火スイッチ不良が米国に飛び火、約137万台がリコールの対象に

Ads by Google

マツダのイグニッションスイッチ不良によるリコールは、アメリカでも実施され約137万台が対象になるようです。

米国マツダの発表では、約130万台となっていますが、Autoblogによると1,368,500台が正しい数字のようです。その対象車は、やはり古いクルマばかりで次の通りです。

  • 1990-1995 323
  • 1993-1998 626
  • 1993-1995 929
  • 1989-1998 MPV
  • 1993-1997 MX-6
  • 1992-1993 MX-3
  • 1990-1998 Protégé

リコールによる改修は、12月から始まるそうです。日本ではいつから交換が始まるのでしょうね。

[リコール]マツダ、点火スイッチの不良でファミリアなど約92万台をリコール
マツダは、イグニッションの不良で最悪の場合火災が発生する恐れがあるとファミリアなど約92万台を対象にリコールを届け出ました。

Upcoming Mazda Recall for Failure of the Electrical Thermal Base of Ignition Switch
Mazda recalls 1.37 million older vehicles for ignition switch short [UPDATE]

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする