マツダ、上級セグメントをFR化し高級ブランイメージを確立へ

Ads by Google

日経新聞によると、マツダは、次世代CDセグメントのプラットフォームをFRにする検討に入ったとのことです。

マツダが中型車(C/Dセグメント)の次世代プラットフォームをFR(前部エンジン・後輪駆動)にする検討に入った。販売台数の7割近くを占める主力プラットフォームを、現在のFF(前部エンジン・前輪駆動)からFRに転換することになる。高級路線を推し進めたい狙いがありそうだ。

マツダ、次世代で「FR転換」を検討 高級路線を推進  :日本経済新聞

さらに、記事には、「マツダは複数の部品メーカーに、2020年頃の発売を想定した車両の積もり依頼書を提出。仮に量産を決断すると、2020年頃の全面改良が予想される「CX-5」や「アテンザ」からFRプラットフォームを採用する可能性が高い」とあります。

アルファロメオも同じようにドイツメーカーのような高級イメージと運動性の高さを狙って新型ジュリアから新しいFR/AWDプラットフォームも採用しています。それでも、当のドイツメーカーは、低価格化の必要からFF車も販売しているので、結局、そういうことなのでしょう。

第七世代商品群は、デミオからアクセラまでがFF/AWD系で、アテンザがFR/AWD系となるのでしょうかね。クロスオーバー車もFF/AWDからFR/AWDに移行するのでしょうか….今の設定は、どちらかと言えば、価格を抑えるためのFFグレードのような気もします。

ん?FR化すると、AWDの場合、通常走行は、FF?それともFR?

参考:過去のマツダ技報から

Fig. 2 New Platform Range

Fig. 2 New Platform Range

マツダ技報No.30にある図

マツダ技報No.30にある図

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする