[H.C.R. 2015]マツダ新型ロードスターの福祉車両はこんな感じ

Ads by Google

Car Watchで第42回国際福祉機器展H.C.R. 2015に出品された各自動車会社の福祉車両を紹介しています。もちろんロードスターも。

手動運転装置を取り付けた新型「ロードスター」を参考出品したマツダブース。足でペダル類を踏まなくても運転ができるよう、AT車を使いアクセルとブレーキを手動操作できる「コントロールグリップ」を追加。ステアリングホイールには片手でも回しやすいようノブを取り付け、シート位置が低いロードスターでも乗り降りがしやすいよう、折りたたみ式の乗降用補助シートを取り付けている。展示車のコントロールグリップはレッドでボディーと同色になっているが、実際に販売開始となった場合のカラーリングは未定。

 装置自体はニッシン自動車工業によるもので、価格はおよそ20万円前後になる見込み。福祉車両となることで消費税などの税金が免除され、補助金を受けることもできる。

 なお、この装置は車いす利用者が運転することを想定したものとなっているが、現在のところロードスターへの車いすの積み込みが課題。トランクにはそのままでは入らず、助手席部分への搭載となると、車いすの分解やソフトトップの開閉などが必要となる

ロードスターの福祉車両

車いすをどうするのかな?と思っていたら、やはり積載に課題が残っているんですね。そりゃそうだ。ただでさえ、積載スペースを最低限にしているのですから…。

仕様向上したデミオと新登場のボンゴ多目的サポートカー。



新型「ロードスター」の手動運転装置付き車も展示された「第42回 国際福祉機器展」開幕 – Car Watch

サイズや積載性を考えると、アクセラスポーツにも福祉車両の設定があると良いかな、と思いますが…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする