[リコール]マツダ、米国等でMazda3の燃料タンクの不具合で約14,000台をリコール

Ads by Google

Mazda3

マツダは、アメリカとプエルトリコで燃料タンクの不具合でMazda3、14,406台をリコールすると発表しています。

対象車は、2015年5月21日から2015年8月24日に製造されたMazda3。

不具合の内容は、燃料遮断弁の欠陥により燃料タンクからチャコールキャニスターに燃料が漏れる恐れがあり、この場合、エンジンチェックランプが点灯します。さらに燃料がキャニスターの容量を超えると燃料が漏れ、エンジンストールや火災が発生する危険性が増すとのことです。

対策は、燃料タンクとチャコールキャニスターの交換です。

Mazda Issues Stop Sale and Stop Delivery for Mazda3 Fuel Tank Recall

『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)は、7757台。前年同月比は1.3%減と、2か月連続の前年実績割れ。

マツダ 米国販売、6.8%増の2.6万台…ロードスター 新型は2.3倍 9月 | レスポンス

Mazda3の売上が低迷しそうな中、マイナスなニュースは痛いです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする