[CEATEC JAPAN 2015]マツダ、ALHやi-ACTIV AWDなど既存技術の展示のみ

Ads by Google

マツダは、今年のCEATECにも昨年発表したALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)などの既存技術の展示を行うようです。

新技術の展示を期待していたのですが、今年のマツダの展示内容は、今まで発表された技術になります。

このイベントに出展するマツダは、同社ブースでSUV「CX-5」を車両展示し、各種パーツや解説パネルを使い、CX-5に採用されている先進運転支援システム「i-ACTIVSENSE」(アイアクティブセンス)、走破性と燃費を両立させた新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」などについて紹介。また、2014年11月の大幅改良でCX-5とフラグシップセダン「アテンザ」に採用した新世代ヘッドランプ技術「アダプティブ・LED・ヘッドライト」(ALH)について解説するデモ展示を行う。

【CEATEC JAPAN 2015】マツダ、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を技術展示 – Car Watch


CX-4(仮)で採用されると噂(?)の自動パーキングシステムのチラ見せがあるかな、なんて思っていたのですが、もろもろ残念です。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする