マツダ、排出ガス規制への適合対応についての見解を公表

Ads by Google

マツダは、VWに端を発するディーゼルエンジンの排ガス規制の不正問題について見解を明らかにしています。

9月29日付けでホームページに掲載された見解を引用します。

マツダの排出ガス規制への適合対応について

マツダは、法令遵守の精神に基づき、全てのガソリンおよびディーゼルエンジンを、各国の規制に厳格に適合させており、違法なソフトウェア、ディフィートデバイス(無効化機能)は一切使用しておりません。

お客様におかれましては、今後も安心してお乗りください。

マツダは、「走る歓び」を追求しながら、燃費向上/CO2低減と、排出ガスを可能な限りクリーンにする事を責務としております。それは過去においても将来においても変わらぬ課題と捉えており、内燃機関の基本機能である“理想の燃焼”の追求を含む技術開発を続けてまいります。

また、各国当局が検討を進めている、実走行をベースとした排出ガスの新しい認証試験方法であるWLTC(Worldwide harmonized Light-duty Test Cycles)やRDE(Real Driving Emissions)などについても、連携した対応を進めていきます。

以上

読みやすいように改行位置を変更しています。

【MAZDA】マツダの排出ガス規制への適合対応について

さらに規制が厳しくなれば、SKY-Dにも追加措置が必要なようです。

人見光夫氏曰く「現状の排出ガス規制値よりも厳しくなってくればSCR触媒含めさらなる対策が必要だが、現時点でSKYACTIV-Dは大丈夫!」

【特別寄稿】西村直人の「ディーゼルエンジンで今何が起こっているか」 – Car Watch

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする