マツダCX-4(仮)のボディーサイズを概算すると

Ads by Google

ホイールベースとタイヤサイズから、マツダCX-4(仮)のボディーサイズを概算してみました。越KOERUよりもずいぶん小さいようです…。

ホイールベースが2,700mm(?)で、タイヤサイズが225/55R19であると分かっているので、これを元に簡単な比例計算をしてみました。

その結果がこちら、
mazda_cx-4-size

  • 全長:4,342〜4,360mm
  • 全幅:1,785〜1,810mm
  • 全高:1,527〜1,533mm
    ※ 全幅は、ドレッドをアクセラ以上CX-5以下と想定して計算

CX-4(仮)は、アクセラのボディーサイズ(下記)と大差ない数字になりそうな気がします。

  • 全長:4,460mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,470mm

先日の毛籠氏の話や、このインタビューでもアクセラ(Mazda3)に触れているので、この辺りが「妥協点」かな。

越KOERUをデザインするにあたって、パッケージのベースとなったモデルはあるか。量販車への展開は想定している?

小泉巌チーフデザイナー(以下敬称略):デザインスタディモデルなので量産車へのつながりはアナウンスしないが、新しいカテゴリーにチャレンジするクロスオーバーの提案として作っている。ベースとは言えないが、全長やホイールベースなどパッケージそのものは『マツダ3(日本名:アクセラ』のセダンと、空間的に近いディメンジョンを持っている。

【インタビュー】マツダ 越KOERU は「革新性と普遍性そなえる“品格”を表現」…小泉チーフデザイナー | レスポンス

「マツダ 越KOERU」はMazda3購入層がターゲット??
CarAdviceの毛籠氏へのインタービューによると、「越KOERU」はMazda3の購入層をターゲットにしているかもしれないです。

最後に、CX-4(仮)とMazda3と越KOERUを並べると…う〜ん、嘘くさい(笑)
mazda3+koeru+CX-4

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする