札幌から函館まで来てアクセラスポーツ20S Touringを試乗しないといけない事情

Ads by Google

2015-09-13 14.27.06

札幌圏でアクセラスポーツ20Sを試乗しようとしてもダメなんです。北海道にはアクセラスポーツ20Sは函館に1台しかないんです。

今度はアクセラスポーツ20Sが絶滅危惧種に

北海道にある試乗できるアクセラスポーツXDが絶滅してしまったことは、このブログのどこかで触れたかな?同じことがアクセラスポーツ20Sでも起きています。

[愚痴]アクセラスポーツの試乗車、グレードが偏りすぎ@北海道
「SKY-G 2.0のアクセラを試乗だ!」と思っても簡単に乗ることができない北海道。グレードに偏りがありすぎです。
結局のところ、いつもと同じ愚痴に行き着いてしまうのですが、アクセラのグレードと装備がユーザーニーズを満たしていないため、特に北海道では、どうしても四駆のある1,500ccに需要が偏ってしまうのだと思っています(もともと1500ccに四駆の要望は多かったそうですが)。

そして、わざわざ北海道に1台しかないアクセラスポーツ20Sを乗りに、函館まで来ないといけないのです。

アクセラスポーツ20S Touringの感想

ディーゼルのフロントヘビーに対して、SKY-G 2.0はどうだったかな?と思って、発売当初に乗ったきりだったのでもう一度、20Sを乗りたいと思ったのがことの始まりです。

再度、XDの感触を確かめようにも北海道では無理なんですけどね(爆)。

で、20S Touringの感想は、

  1. やっぱり出足が遅い(重い)
  2. ロードノイズに差はない(どちらも意外とうるさい…路面が濡れたいたせいでもあるけど)
  3. SKY-Gだからって特に静かでもない
  4. 普段の走りでは、前の重さはそんなに気にしなくてもいい?

やはり、一度SKY-Dの「味」を知っていまうと、もうダメですね。パワーと燃費のバランスが良くて、楽しいエンジンなので、そうそう浮気できないです(笑)。

今回の試乗で、初めて誓約書を書きました。事故の際は車両の損害は私がもつという内容でした。今までも実はサインしないだけで、実情はおなじだったのかな???そして、営業さんが忙しくて同乗できないとのことだったので、一人で「ドライブ」です。冒頭の写真は、ディーラーから10分程度の距離にある、北海道新幹線の駅、新函館北斗駅での記念写真です…(せっかくなのでw)。

ところで、カモフラージュされたアクセラ…アクセラクロスオーバーか?と言われた車両ですが、ここのディーラー関係者が、本州に行った時に、同じような「どう見てもアクセラにしか見えないけど、カモフラージュしてある車両」を見たそうです(東京って言っていましたが、おそらく横浜じゃないのか?)。

アクセラクロスオーバーの話を向けると、確かに背が高かったそうです。こりゃ、やっぱり何かありますよ、東京モーターショーで…。

よもやま話

営業現場としても、今のマツダの車の作り方は、融通がきかない「頑固」な設計に見えているようです。この辺の感覚は、なかなか設計はわからないのでしょうね。

ものを入れる(置く)スペースが少ない、ATのマニュアルモードの融通がきかない、などなど。「俺様の作った最低限必要な仕様で乗りなさい」と押し付けるのは、どうも違う気がする…。ただ、それでも売れてしまっているのが、事態の好転を阻んでいるような…。

あ、今回の試乗車もRVMとLDWの機能がOFFになっていましたので、自分でONにして機能を確認しました(自慢のドライビングポジションについては、ここでも説明なし。なんのためのTV CMなのでしょうね)。

以上、函館のホテルから。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする