マツダCX-3とMazda2がオーストラリアの衝突試験で五つ星の評価を獲得

Ads by Google

マツダCX-3とMazda2がオーストラリアの衝突試験(ANCAP)で五つ星の評価を獲得しています。

Both the Mazda2 and CX-3 offer very good occupant and pedestrian protection and have Autonomous Emergency Braking (AEB) available as an option.

オーストラリの姿勢は、アメリカとは違って衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の標準化を推し進めるつもりはないようです。

“It is great to see AEB becoming more common in the Australian new car market, but we would like to see AEB as a standard feature in new vehicles, rather than as an optional extra” said ANCAP CEO, Mr Nicholas Clarke.

それもあってか、今回の2車がオーストラリ市場でも五つ星を獲得できてしまったのかもしれません(言い方が意地悪すぎる?)。素でぶつかった時のSKYACTIVーBODY安全性の高さは、これまでの他の評価にあったように最高評価だったのでANCAPの評価は、「当たり前」といえば当たり前だと思います。

ちなみに(機械翻訳のままですが)、
ANCAPは、すべてのオーストラリアとニュージーランドのモータリングクラブ、オーストラリア政府、ニュージーランド政府、オーストラリアの州と準州政府、ビクトリア朝の交通事故委員会、NRMA保険とFIA基金によってサポートされています。


なんですね(へぇ〜)。

Mazda2 and Mazda CX-3 reach 5 stars, Audi TT falls short with 4 | ANCAP

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする