マツダ クロスオーバーコンセプト「越KOERU」の正体を予想(2)

Ads by Google

クロスオーバーコンセプトカー 越

未だ「これっ」と言った情報が出てこないですが、これまでの噂などから、「越」がどんなクルマか予想してみます。

「越KOERU」は次期CX-9?

これまでの噂とスケジュール

まず、2014年4月時点で、2016年3月期までに5車種投入とするマツダの方針とこれまでの海外での記事などを総合したら、

  1. CX-5(2012年発売)
  2. Mazda6(2012年発売)
  3. Mazda3(2013年発売)
  4. Mazda2(2014年発売)
  5. CX-3(2015年発売)
  6. MX-5(2015年発売)
  7. CX-9(2016年3月までに発売予定)
  8. Mazda5(2017年頃発売予定)

Mazda5が、予定期間からはみ出てしまいました(笑)。デミオの発売がマツコネ騒動で遅れたのが影響している??まぁ、それは置いておいて…。

2015年3月期決算説明会から

2016年3月期 見通し
この資料を見ると、2015年度末までの見通しの中では、CX-3とロードスター、CX-9の導入となっています。
pre150424_5
2017年3月期〜2019年3月期の商品・開発
この期間に「新型車4車種、派生車1車種、合計5車種を市場投入」としています。しかし、2016年4月以降の話なので、「越KOERU」が市場投入を前提としたコンセプトカーだとすると、半年以上の期間をあけるとは思えないので、この5車種の中には当てはまるクルマがないのでは?
pre150424_25

ここまでを素直にみると、「越KOERU=次期CX-9」に見えてきます。

しかし「越KOERU」は次期CX-9ではない?

ニュースリリースでは、「既存の概念や枠組みを越える」と言っていますが、次期CX-9が「越えている」とは思えませんし、見えません。次期CX-9のキックオフを欧州で行うことに大きなメリットはないはずですし。

「既存の概念や枠組みを越える」ことを目指した『マツダ越KOERU』は、成長を続けるクロスオーバーSUV市場に向けたマツダの新たな挑戦です。

KOERU&CX-9

アクセラクロスオーバーは別にある?

ここからは、妄想混じりで。目撃されてテスト車両は、越KOERUとは別物で東京モーターショーで正式デビューする、アクセラのマイナーチェンジで追加される「バリエーション」の一つになるのではないでしょうか。

ひと目でアクセラと分かるクルマに対して「既存の概念や枠組みを越える」とするでしょうか。十分「既存」ですしアクセラの「枠組み」の中じゃないですか。

まじ?アクセラ クロスオーバーが現実に?テスト車両が目撃される
みんカラにカモフラージュされたアクセラを目撃したとの書き込みがありました。マツダが予告した「派生車1車種」とはアクセラがベースになるのでしょうか?

結局、越KOERUは何か?

マツダが、これまで公にしてきたスケジュールに該当するクルマがないことが、混乱の原因だと思います(泣)。

スケジュールを考えると、先に進まないので、妄想ベースで…。
スタンダードなクロスオーバーSUVは、奇数型番の車種(CX-3、5、7、9)が受け持ち、スタイリッシュなクロスオーバーは、偶数型番が…ただし、CX-4はアクセラクロスオーバーが担うので実際は欠番。「越KOERU」は、CX-5サイズの新たなクロスオーバーSUV「CX-6」相当だというのはどうだろうか(笑)。

ただし、ベンツのGLCクーペやBMW X4、X6と同じ考えた方なので、「既存の概念や枠組みを越える」事にはならない気もします…。

で、まとめると「越KOERU」は、

  • マツダの資料やスケジュールを素直に受け取ると:次期CX-9
  • 目撃談やスケッチのイメージからすると:CX-3とCX-5の間を埋めるアクセラクロスオーバー
  • マツダの中で新たなジャンルだとすると:CX-5クーペに当たる「CX-6」

気持ち的には、クーペスタイル・クロスオーバーSUV「CX-6」、として発表されると面白いなと思っています。

豪州マツダの話を読むと、更に混乱するんですけど…。
Mazda Koeru SUV “an interesting thought-starter”, says local division

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする