マツダは小排気量のMX-5の売上に自信なし?

Ads by Google

ND Roadstar

マツダは欧州や豪州で排気量を小さくした1,500ccのMX-5の売上がどうなるか分からないようです。

GoAutoが、豪州マツダのマネージング・ディレクターの話を伝えています。

Speaking with GoAuto at the launch of the ND MX-5 in Queensland last week, Mazda Australia managing director Martin Benders said the roadster has been priced deliberately low in the hope of emulating the MX-5’s long-term success in the United Kingdom – which remains one of the biggest markets for the drop-top in the world.

もっとも大きい市場の一つの英国では、故意に価格を低くしているそうです。

“We’ve released it with the 1.5-litre engine, but we don’t know what the reaction to it will be,” he said. “Going from a 2.0-litre to a 1.5-litre is a risk, and we don’t know whether the drop in capacity will impact sales.“

“We should be able – with two engines and all the variants that we’ve got in the new MX-5 – to exceed the sales of the earlier MX-5’s 1500 or so sales in one year, but how far above that we go really depends on how much incrementality we get from the new 1.5. It’s a great price – but will people buy the smaller-engined version?”

「1.5Lエンジンをリリースしたが、どのようなリアクションがあるかは分からない。(オーストラリアでは)2つのエンジンと全てのグレードを販売することが出来る、-中略- 1.5LのMX-5は大きな(適切な?)価格であるが、小さいエンジンのグレードを人々が買うだろうか?」と、ちょっと頼りない話しぶりです。

それでも、月に125台の売上を見込んでいて、その内訳は2.0Lと1.5Lの比率は52:48、マニュアルは60%、GTグレード(豪州マツダは標準とGTの2グレード)が半分と予想しているようです。

日本でもプレビュー期間に小排気量になることにさんざん文句を言ったら、もしかしたら2,000ccモデルも追加されたのかもしれない??

やはり、1,500ccモデルがどれだけバランスに優れているのかを、2,000ccモデルと比較する機会を設けるのが一番の近道だと思えますね。

Mazda MX-5 – Smaller-engined Mazda MX-5 a sales uncertainty | GoAuto

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする