マツダが北米で新型Mazda2を投入しないのは誤り

Ads by Google

uk-mazda2

Car and Driverがマツダの北米市場でのマーケティングについて、Mazda2は十分売れるはずだと疑問を呈していました。

マツダは、北米では新型Mazda2を販売しないことを決めています。

しかし、先月の売上を見ると前年比で7%ダウンしており、現行Mazda2の2,065台の減少とほぼ同数になっています。

Car and Driver曰く、『今後CX-3が発売され、販売台数が伸びるかもしれないが、新型Mazda2の良さは、Sion iAにより確認もできているし、なにより燃費の良さがアドバンテージになる。三菱ミラージュでさえ平均2,150台/月を売っているので、新型Mazda2は北米のラインナップに加わるのに十分だ。』

マツダは、CX-5やMazda6,そしてCX-3の販売にリソースを割きたいからMazda2は売らないようなことを言っていましたが、CX-3でMazda2やMazda5の減少分(3,000から4,000台)を補填できるのでしょうかね。そうであれば、車体価格の差額分だけ利益が増えるわけですが…。

Five Highlights from July 2015 U.S. Car Sales – News – Car and Driver | Car and Driver Blog

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする