アクセラ クロスオーバーを再度妄想してみる

Ads by Google

すこしだけ現実味が出てきたので、もう少し「アクセラ クロスオーバー」を考えてみます。

アクセラ クロスオーバーのコンセプト

CX-5とCX-3の間を埋め、CX-3の室内やカーゴスペースの狭さや、CX-5のボディーサイズの大きさからくる不満を解消する。SUV、SUVしていないエクステリアデザインで、広いユーザー層にアピールする。

SUVとは違い、乗用車感覚で運転できることが売り(高いアポイントからの見晴らしの良さをアピールするSUVとは矛盾しますが)。

アクセラ クロスオーバーのスペック

ボディーサイズ(アクセラスポーツベース)

  • 全長=4,460mm
  • 全幅=1,815mm
  • 全高=1,485mm
  • ホイルベース=2,700mm
  • 最低地上高=180mm
  • 重量=1,410〜1,550kg

基本的にスペックは、アクセラスポーツをそのまま引き継いでいると想定。最低地上高を現行AWD車比+15mmの180mmに。これでもCX-3よりグランドクリアランスは大きくなっています。

全幅は、タイヤ幅をワンサイズ上げる目的を含んだフェンダーガーニッシュで現行比+20mmで。CX-3のようなごついガーニッシュは不要です(笑)。

エンジン

  • SKY-G 2.0
  • SKY-D 2.2

AWDと最低地上高アップで増える車両重量を考慮、2,000cc以上の排気量を設定、メインはSKY-D 2.2。

アクセラ クロスオーバーのグレード

  • 20S(SKY-G 2.0 AWD 6AT)
  • XD(SKY-D 2.2 AWD 6AT)

「派生車種」なので、グレードはシンプルに2つのみ。マニュアルミッションは無し。

アクセラ クロスオーバーのデザイン

インテリアデザイン
標準車と無理に区別化する必要はないと思います。これまでのマツダの流れを継承していればOKです(ただ、Aピラーはブラックフィニッシュして欲しいですが)。

エクステリアデザイン
これもごちゃごちゃと飾る必要はないと思います。ただ、マツダはクロスオーバーと言えど、(もどきも含めて)アンダーガードを標準にしていないのは少し不満です。そして、ルーフレールも…。ここは「派生車種」なのだからどちらも装備しちゃいましょう。ボルボV40クロスカントリー風で(笑)。Ottimo Crossはだめです。
ボルボ V40 クロスカントリー

アクセラ クロスオーバーの特別装備

  • 前後、左右アンダーガード
  • ルーフレール
  • ヘッドランプウォッシャー
  • バックフォグランプ
  • 225/55R17(オリジナルデザインホイール)

タイヤ幅は、標準車よりワンサイズ太くする。このサイズだとタイヤメーカー各社に設定があります。インチアップした際の225/48R18でも選択肢は多いままです。

アクセラ クロスオーバーの価格

  • 20S(SKY-G 2.0 AWD 6AT):268万円
  • XD(SKY-D 2.2 AWD 6AT):298万円

クロスオーバー20Sは、15SのFFとAWDの価格差が216,000円なので、20S TouringをベースにAWD化+αでFF比25万円アップの268万円也、そして、クロスオーバーXDは、アテンザの20S FFとXD AWD差額が637,200円にもなるので参考にはせず、クロスオーバー20S+30万円で手を打ちました(をいをい)。ボルボのガソリン/ディーゼル価格差が25万円というのもあるし、そんなに大差は付けられないですしね。

クロスオーバーモデルはともかく、標準車(?)のフェイスリフトでもタイヤは225幅にしてほしいです。ホイールの幅も7.5JJあたりを標準にすると、これも選択肢が増えるのですがね。

今回の「派生車種」を仮に「クロスオーバーモデル」とすると、マツダスピードアクセラは来年度になるのかな?出ないはずはないでしょう。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする