改良型マツダSCBSもステレオカメラタイプになるかも?

Ads by Google

img01

全く根拠のない妄想です。ただ、スズキ スペーシアが「デュアルカメラブレーキサポート」を採用したということは、ステレオカメラタイプの低コスト化が進んでいるということです。すると…。

「デュアルカメラブレーキサポート」の機能・性能

img07

作動したときの速度が約5km/h〜約50km/h未満(歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。

「デュアルカメラブレーキサポート」のここに注目

衝突被害軽減ブレーキの性能で注目したい点は、二つ。一つ目は、作動速度域が広く時速5kmから時速100kmと、従来より高速側が70kmも速くなっている。
そしてもう一つは、時速50km以下だと止まれる可能性がある…速度低減量が50km/hはありそうだという点です。

他の軽自動車に採用されている衝突被害軽減ブレーキとの性能差を一気に広げ、トヨタセーフティセンスに肉薄する性能です。

赤外線レーザー式の役割は終わった?

そして、衝突被害軽減ブレーキに関心が高い国沢氏も、オプション価格の低さとこの性能から、

実質的な自動ブレーキシステムだけだと5万円程度と考えていいんじゃなかろうか。31km/h以上で機能停止する性能の低いレーザー式と大差ないオプション価格だ。

スズキのWebサイトによれば50km/hなら追突事故を回避できる可能性があると表記されていた。公的な評価を行うJNACPの自動ブレーキ試験は、50km/hで止まれないと良い評価にならない。したがって各メーカーが揃って新型から50km/hにしてきている。スズキもレーザー式だと25km/hまでしか完全停止は出来なかった。

ダイハツやホンダのレーザー式の試験結果を見ると、20km/hまでしか止まれなかったほど(トヨタやレクサスのミリ波レーダーも含む)。25km/hでしか止まれない自動ブレーキと50km/hまで止まれる自動ブレーキは雲泥の差である。スズキの新しいシステムの登場により、レーザー式は役割を終えたと考えていいだろう。

スズキ「デュアルカメラブレーキサポート」が凄い理由 [SUZUKI(スズキ)] All About

と書いています。カメラを使わずに性能を高めようとすると、赤外線レーザーではなくミリ波レーダーを使うことになると思いますが、それではコストの問題が残ります。とすると、落とし所は「ステレオカメラ」になるのでしょうか。

ステレオカメラ式にも弱点?

ただ、スバルEyeSightが、ハイビームコントロールの機能を追加する際に、もう一つカメラを増やさないと実現できませんでした。案外、出来上がったシステムを拡張するのは難しいのかな、と見えます。

デュアルカメラブレーキサポートでも、ハイビームコントロール機能はありません。マツダは、デミオからアテンザまでHBCの搭載は可能ですから、ちょっと手こずるかもしれませんね、もし採用するとしたら、ですけど。それでも、この「ぶつからない性能」は魅力的です。

スペーシア 安全装備 | スズキ
コンチネンタル、新センサーモジュールを開発…トヨタ セーフティ・センスC に提供 | レスポンス

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする