[サービスキャンペーン]マツダ、アクセラとデミオの「マツダコネクト」を最新にするサービスキャンペーンを開始

Ads by Google

マツダが、5月21日から「マツダコネクト」を改修するためのサービスキャンペーンを開始すると告知しています。対象となるアクセラとデミオは、2013年9月3日~2015年4月24日に生産した、約11万台になるそうです。

結局、現行仕様を「不具合」として扱うことで、無償交換への道筋をつけたようなかっこうですね。確かに迷惑を被った人は数多くいるわけですが、それでも当初は「これは仕様」のような対応だったのにね。

改善の内容

全車両、マツダコネクトの動作安定性を向上させるため、コネクティビティー・マスター・ユニットの制御フログラムを書き換えます。また、ナビゲーションの自車位置精度を向上させるため、パワートレインコントロールモジュールの制御プログラムを書き換えます。さらに、ナビゲーション装着車両に対しては、ナビゲーションの仕様を変更するため、SDカードを改善品と交換するとともに、取扱書を改訂版と交換します。

【MAZDA】アクセラ、デミオのサービスキャンペーンについて|リコール等情報


また、MONOistを見ると、新型ロードスターの発売を機に、これまでに発売された第6世代群のマツダコネクトを同一にする意図もあったようです(でも、何故?)

アクセラとデミオにおけるマツダコネクトのカーナビゲーション機能の刷新は、無償で実施される。具体的には、マツダコネクトのカーナビゲーション機能を利用するのに必要なSDカードについて、従来の「ナビゲーション用SDカード(B45C 66 EZ1)」から、「ナビゲーション用SDカードPLUS(G46Y 79 EZ1)」に交換する。新しいカーナビゲーション機能は、国内メーカー製のナビソフトと地図データの採用により、ナビゲーションが正確かつ使いやすくなっているという。

 カーナビゲーション機能の刷新に併せて、マツダコネクトのバージョンアップも行う。バージョン番号は「55.00.650」で、主な更新内容は、USBやBluetooth接続などを用いたエンターテインメントやコミュニケーション機能の動作安定性の向上などとなっている。

 なお、今回のマツダコネクトのバージョンアップは、新型「マツダ ロードスター」の発売に合わせたものだ。

車載情報機器:「マツダコネクト」のカーナビ機能を刷新、新型「ロードスター」発売に合わせて – MONOist(モノイスト)


さて、実家デミオのマツダコネクトはいつ最新になるのでしょう。早速明日にも偵察に出かけるようなことを言っていましたが(笑)。こういう時の担当営業氏は、少し頼りないんですよねぇ…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする