すでに半年待ち?マツダ新型ロードスター、月販目標の6倍以上にあたる3,323台を受注(追記)

Ads by Google

ロードスター

オートックワンによると、マツダ新型ロードスターの予約受注台数が月販目標500台の6倍以上、3,323台になっているそうです。

5月17日(日)までの予約受注台数は月間販売計画台数の500台を上回る、3323台となっている。その内7割がMTモデルで、売れ筋グレードには「S Special Package」となっている。

マツダ 新型ロードスター発表会速報 ~いよいよ発売開始!初期予約受注台数は3323台を記録~ 【オートックワン】

ん?すると、今注文しても納車されるのは、冬ですか?北海道でオープンクルージングするには、多少根性が必要な季節になっている可能性もあるんですね…。日本の割り当て台数を増やすとかできないのでしょうかね(世界中でも爆発的人気なると、生産枠の奪い合いですよね。うわぁ)。

アクセラ15S AWDを試乗しに行った時に、そのディーラーで働く社員さんが、「冬の間も隣町からロードスターで問題なく通勤していましたよ。」と言っていました。その気になれば…スタッドレスタイヤも進化していますからね…。

2015/5/21追記:

気になる納期について小飼社長は「今日、お求めいただいたら生産は6月の後半になる。生産した後、輸送、架装するので7月にはお届けできると思う」との見通しを示した。

【マツダ ロードスター 新型発表】先行受注3323台…納車は7月以降に | レスポンス

思ったよりも納期がずいぶん短いように思います。デミオで4ヶ月待ったのに…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする