マツダへの不満を吐き出す会?サステイナブル”Zoom-Zoom”フォーラム2015 in 横浜を開催

Ads by Google

sustainable-zoom-zoom

マツダが5月16〜17日に開催した「サステイナブル”Zoom-Zoom”フォーラム2015 in 横浜」の様子が紹介されていました。

フォーラムに参加した人達(多くはマツダ車オーナーらしい)とマツダ関係者のQ&Aが載っていたので、ちょっと引用すると、

Q:マツダコネクトが使いにくい。どうにかならないか?

A:バージョンアップできる仕様になっているので、近日中にバージョンアップを行う予定だ。

Q:他社に比べて荷室が狭いのでは?

A:ベビーカー、スーツケース等必要な荷物が入るようにはしっかり設計してあるが、必要以上に大きくはしていない。

Q:ロータリーエンジンの開発はどうなっているのか?

A:マツダの技術の中で、歴史的にも大切な技術であり、ロータリーエンジンの開発チーム、開発部署共にしっかり設置されている。現在はスカイアクティブの傘下でのロータリーエンジンの開発が行われている。

記事になった質問は、「ある程度注目されている話題」として記者も認識しているのでしょうかね。

紙面なので、実際に使われた表現とは少し違うと思いますが、記者会見のような受け答えだとユーザーは納得しないでしょう。マツダ自身が、このフォーラムの報告をブログに掲載するなどして、「生っぽい」言葉を読みたいです。

ユーザーなどの「生」の言葉は、マツダのホームページ(【MAZDA】ドライバーズボイス | オーナー/カーライフ)にたくさん書かれているので、マツダに大いに伝わっているはず。でも、マツダからの回答は、このような機会がない限りユーザーには届かない。なんか変じゃないかなぁ。

鋭い質問にも答えてくれる!? サステイナブル”Zoom-Zoom”フォーラム2015 in 横浜開催!! – BIGLOBEニュース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする