マツダ、トヨタに「SKYACTIV」を供与し、トヨタからの低燃費技術の提供を受ける

Ads by Google

日経の報道によると、トヨタ自動車とマツダは環境技術で包括提携することで最終調整に入ったとのことです。

具体的にはトヨタがHVに加え、家庭の電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)やFCVの技術を提供する方向だ。環境規制が厳しい米カリフォルニア州は18年、自動車メーカーに電気自動車(EV)やFCVの販売数量を増やすことを求める計画だ。中国など新興国も規制を強化する方向。EV関連技術で後れを取るマツダはトヨタとの連携強化で厳しくなる環境規制への対応にメドをつける。

 一方、マツダはトヨタに、独自の環境技術で評価を得ている「スカイアクティブ」などを供与することを検討する。トヨタは他社に先行したHVやFCVに加えてスカイアクティブも取り込んで、低燃費のガソリン・ディーゼル車の品ぞろえを増やす。トヨタグループからの商用車の調達や、部品の共同調達など、コスト削減などで効果がある分野の提携も検討する。

 規模に劣るマツダは「当社が持ち得ない技術など足りない部分は幅広いアライアンスで補う」(小飼雅道社長)としており、世界的に環境技術で先行するトヨタと組むことで生き残りを目指す。

トヨタとマツダ、包括提携 燃料電池車・低燃費技術で  :日本経済新聞

ガソリンエンジンに関して言えば、トヨタもかなりの性能の小型エンジンを最近リリースしているので、今さらその辺りの話はなさそうには思うのですが…。トヨタからSKY-D搭載車が出るとすれば…いや、ハイブリッドイメージを築いているので、それはないでしょうね。

水素ロータリーエンジンだけでは、パイが足りないということなのでしょうかね。「ライトサイジング」の考え方が他メーカーから間接的に支持されるなど、間違いではない独自路線を取っているので、その先も「予定通り」かと思っていたら、台所事情はそれほど安泰ではないみたいで…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする