そろそろマツダSCBSの改良型が登場してもいい頃

Ads by Google

「Toyota Safety Sense」が高速域までカバーできるPCSを登場させ、ダイハツも「スマートアシストⅡ」で作動速度を拡大しています。単眼カメラを追加し機能向上がはかれるならば、マツダのSCBSも同様に性能を高められるのでは?

Toyota Safety Sense CのPCSは30km/h以上をサポート

トヨタが、「Toyota Safety Sense C」を発表した時の資料には、30km/h以上になると交通事故死亡率が増加するとあります。この速度域で作動しないと話しにならないということですよね。
30km/hで死亡率が増加

[動画]トヨタ新型カローラ アクシオの衝突被害軽減ブレーキ試験
自動車事故対策機構が、「Toyota Safety Sense C」を載せた新型カローラ アクシオの衝突被害軽減ブレーキ(PCS)の試験結果を公開しています。なかなかの性能に見えます。

マツダSCBSは30km/h以上をサポートせず

SCBS F:約4-30km/hで走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで先行車を捉え、衝突の危険性を判断。衝突の危険性が高い状況下でブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮します。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

【MAZDA】i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)|MAZDA PROACTIVE SAFETY|Be a driver.

マツダのSCBSは30km/hまでしかサポートしていません。「スマートアシストⅡ」の第三者機関でのテスト結果を見ないと分かりませんが、スペックだけではSCBSを上回っています。

性能向上は(単眼)カメラがキモ

トヨタによれば「レーザーだけだと情報量が足りず、誤作動を防げません。カメラからの情報により接近しているのが車両だという判定を確実に行えるため、より高い速度域から自動ブレーキのコントロール出来るようになります」。

トヨタもレーザーだけ使う簡易式を考えたそうだけれど、やはり31km/hで稼働しなくなる点を憂慮したようだ。

トヨタ「セーフティセンスC」真の実力とは? [TOYOTA(トヨタ)] All About

フロントウインドー内側に設置するカメラを新たに追加し、フロントグリルなどに設置するレーザーレーダー、リアバンパーに内蔵するソナーセンサーと組み合わせて利用するスマートアシストIIでは、新機能として「衝突警報機能(対歩行者)」「車線逸脱警報機能」を用意。また、衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度を、これまでの約4km/h~30km/hから約4km/h~50km/hに向上させ、さらに「衝突警報機能(対車両)」でも、ブザー音と警告灯表示による危険の警告を、約4km/h~30km/hから約4km/h~100km/h(速度差約60km/h以内で作動)に幅を広げ、性能を高めている。

ダイハツ、「ムーヴ」「タント」一部改良でカメラを追加した「スマートアシストII」採用

マツダでは、HBC、LDWSに単眼カメラを使っています。このカメラをSCBSの性能向上に使えないのでしょうかね。SCBSとHBC、LDWSが必ずセットになってしまいますけど、将来的にALHが標準化されることも見越してマツダもこの三つの機能をワンパッケージにして標準装備にすべきだと思います。

SCBS(改)の搭載はアクセラのマイナーチェンジあたり?

仮にSCBSの性能向上を、車の年次改良に合わせるなら、順番からしてもアクセラが一番適しているのではないでしょうか。すると秋ごろになるのかな?

なるべく早く時速50kmでもぶつからない性能を持ったマツダ車が登場して欲しいです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする