マツダ新型CX-3が発売1ヶ月で10,000台以上を受注!月販目標の3倍以上

Ads by Google

mazda_cx-3

マツダが、2月27日発売した新型CX-3の累計受注台数が3月23日時点で、10,076台になったと発表しています。

CX-3の月販目標が3,000台なので、約3.4倍もの受注になります。

グレード別の受注構成比は、「XD Touring L Package」が21%、「XD Touring」が63%、「XD」が16%となっており、ボディカラー別では、デザインテーマ「魂動」のイメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」が19%、精密に研ぎ澄まされた金属感や精密な硬質感を表現し、光によって表情が変化する、新色の「セラミックメタリック」が44%となっています。

またディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」がセットとなるメーカーセットオプション「イノベーションパッケージ」は、13%のお客さまに選択いただいています。

【MAZDA】新型「マツダ CX-3」の販売が好調|ニュースリリース

ボディーカラーは、「白っぽい色」の比率が新しいカラー「セラミックメタリック」の登場でぐんと増えましたね。デミオでのソウルレッドプレミアムメタリック率が28%だったのと比べると、CX-3では19%と少ないです。

過去の発売後の受注動向を見ると、

  • アテンザ:月販目標の7倍/7,300台
  • CX-5:月販目標の8倍/8,000台
  • アクセラ:月販目標の5倍/約16,000台
  • デミオ:月販目標の2.6倍/約12,800台(1ヶ月あたりに換算)

いずれも月販目標台数を上回っています。

価格やユーティリティーの面でマイナスな評価もありますが、初期の立ち上がりは良かったですね。ヴェゼルの2万5000台と比較するのは野暮かな。

デミオやCX-5のカニバリゼーションが懸念されていますが、アクセラの立ち位置の微妙さがより強調されてしまわないかが気がかりです。

と・こ・ろ・で!
マツダのホームページがリニューアルして、過去のニュースリリースのリンクがばっさり切れてしまっています。これは困った…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする